こころのいちばんやはらかいところ

0

十七夜

多くをねだっている訳ではないの
だけどそのひとつが
たったひとつが
あたしのすべて

きみの声
雲に見え隠れする月のもと
ほんとうに
時が止まればいいのにと

ああ、今を取り巻くすべてが憎い

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。