こころのいちばんやはらかいところ

-

Unlucky day's

運悪く空っぽを抱いてしまった日は
端からみたらさぞかし無口で

誰にも明かせないけれども
せめて宛名の無いメールを
罪には問われないことを祈り
夜空に打ち上げてみようか
映像だけの火花
あなたには見えていることを
私は知っている

こころはいつも正直なのに
たった20センチくらいの間
常識にろ過された想いは嚥下
たわいも無い言葉がカラ回る
裸のままの心が
あなたには見えていることを
私は知っている

理由が必要ならばいくらでも
引き合う魂に引き返す道がなく
境界線はオトナが引いたもの
繕いのない想いは純粋だと
そこに佇む童子が
あなたには見えていることを
私も知っている

好きでも嫌いでもない今だけの
最強の白い余白を塗りつぶして
どうしようもなくダメな女になり
残念なアタシを眺めてもらおうか
それは強がりだと
あなたには分かっていることを
私も知っている

運悪く空っぽを抱いてしまった日は
端からみたらさぞかし無口で

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。