こころのいちばんやはらかいところ

0

風鈴

軒先の風鈴を揺らした風は
どこへ行ったのかな
チリン…と鳴らして
路地を抜けた

夏が終わる知らせは優しく
時にたたずむ私に囁く
チリン…と鳴らして
笑い振り向いた

その音色をもう一度聴きたい
風を待っていたけど
チリン…と記憶だけ
鼓膜に残して

チリン チリン…
時にたたずむ

Rank-ing

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。