こころのいちばんやはらかいところ

3

青い空


      から
こころの中を空にする
空にも似た青い空間に
おもいっきり両腕を広げ
瞑想のように自由を司り
にごりのないきれいな私画素
ときどきこうして解き放つ

未来に
鳩の使者を
足首には想いの欠片
深呼吸をするように
静かなる意志を吐く
タフな鼓動を
希望に

こころの中を網羅する
空にも似た青い瞬間に
凪を待つため瞳をとじて
超感覚知覚を研ぎ澄ます
ノイズの無いきれいな音を拾い
ときどきこうして交信する

未来と
希望に



該当の記事は見つかりませんでした。

-3 Comments

葉月 says...""
送っていただいた「風の道」の表紙の空を
見ながらこの詩を読ませていただきました。

読んでいて私もおもいっきり両手を広げ、自由な心で
希望をつかめそうな気持になりました。
2010.02.07 19:34 | URL | #- [edit]
眞冬 says..."葉月へ"
受け取ってくださりありがとうございます。

こころの中にあるモノ。
汚さないで生きていきたいですね。
どこに居てもいつになっても
諦めず、保ち続ける強さが
「自由」なのかもしれません。

ありがとう^^
2010.02.07 21:52 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.02.08 22:35 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。