こころのいちばんやはらかいところ

4

風紋


刻一刻と
それは姿を変えて
舞い上がる砂塵に虚空を奪われては
消えていく足跡を踏みしめて
水面に横たわる印なら
溜息の間も与えなく
一年のうちの殆んどを
懺悔に費やすのだろう

刻一刻と
それは足元から崩れ
蟻地獄のように呑みこまれてしまい
昨日の砂はすでに迷宮に流れて
近似値の自由と不自由
名付ける親はなく
一生のうちの殆んどを
旅路に使い果たすのだろう

いまだけを見つめるならば
あまりにも虚しく
磁石の針はうろたえるばかりなり

今生の痛みと悦びを携えて
凍える夜に星を読み
眠れる砂の褥で手渡す記憶の欠片

またとない今日を生き
またとない明日を歩く


該当の記事は見つかりませんでした。

-4 Comments

gagahime says...""
このコメントしずらい世界。まさに詩ですね。頭が下がります。すごいです。私も詩に挑戦していますが 書けば書くほど奥が深く いつたんやめてしまった時期がありました。 でも好きなことなので また頑張るつもりです。これからも作品楽しみにしています。
2010.08.13 18:30 | URL | #- [edit]
ノラ says..."gagahimeさんへ。"
こんばんわ^^。
ですよね^^;。この狭い小部屋とでもいうのか。
でも、作品置き場としては気に入っています^^。
そんな中、ありがとうございます。嬉しいです。

これは、私にはあまり無いことなのですが
パソコンの壁紙をそろそろ変えようかと
選んでいるときにこの風景を見て
先に題名が決まりました。そして選曲。
詩を書くときには音楽を流しています。
遠くの世界を自分の中に引っ張ってくるのが好きです^^;
最近はお疲れモードであまり考えることも出来なかったのですが
昨日は、せっかく湧いてきたので一気にがんばりました。
機を逃すと、次には同じものは書けないので。

好きであること、続けることが一番ですよね。
私も伝えるということが難しく、コメントは臆してしまいますが
思ったこと、素直に言えるように頑張りますね。
また伺います。元気になれますもの^^。

ながながとすいません。
ありがとうございます^^
2010.08.13 23:00 | URL | #- [edit]
gagahime says..."こんばんは^^"
何度もすみません^^いや~感動しました。詩を作るときの様子 。詩が好きな人はそうですよね。大切な言葉や 現在過去未来 想像 感じたこと。などなど うまく言えないけど 私も恥ずかしながら 月を眺めて 詩を頭で整理したり 仕事の帰り道の夜景や夕焼けを感じれるように こころを傾けています。。。私の友達は私のキャラから詩なんて 笑ってますよ。(わからないんだ、友達は^^) だからこそ
詩を感じる人が好きです。私は親子でやってるので 詩ばかりではないのですが、日常のふざけた私や落ち込んでる私など これからも 楽しく続けていけたらと思います。^^ ノラさんのように 言葉で情景が浮かぶ詩は私にはとても難しく でもこれからチャレンジしたいです^^ ながながとすみませんでした。これからも宜しくです。
2010.08.14 19:57 | URL | #- [edit]
ノラ says..."gagahimeさんへ。"
おはようございます。

詩はキャラが書くのならば、私も圏外です(苦笑)。
詩のことだけを考えて詩だけを書いていけたら、と
思うこともありますが、それにはまず、生きていかないと^^;。
その全てに眠っているものたちに
肩を叩いてあげたいと思っています。

と、いいながら、むらがあり、
更新は滞りがちなんですけれどね^^;
その間は私生活であたふたです。苦笑
詩のかけらもありません^^;

ありがとうございます。
2010.08.15 06:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。