こころのいちばんやはらかいところ

0

小さな風景


わたしの狭い暮らしのなかに
小さな風景がある
幼いまばたきのむこうで輝く
小さな風景がある

雑木林に守られた小さな川に
懐かしい音がある
そこを愛する人々に守られた
やさしい音がする


川の上を風が奔った

小さな落ち葉が雪のようにさらさらと舞い
わたしはちょっと胸が高鳴った
やわらかい陽ざしは
木の遥か上で揺れていた
初冬の梢で鳥が鳴く

澄んだ川面にカルガモのつがいが遊び戯れ
不意に呼び出された優しい気持ち
心地よいせせらぎが
こころの波に耳打ちして
小さな風景が沁みた

川の上を風が奔った



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。