こころのいちばんやはらかいところ

0

最後になる僕らは


僕らは最後尾で待っている
知るのは何時もいちばん最後

空の青さに暴かれるのは
僕の心ではない
悲しみの笛の音を聞くのは
彼が去ったあと
今はどの語り部も沈黙し
僕らは待ってる振りをする
終わりの後ろに回りこんで
身じろぎするまでずっと

風の道にたどり着くのは
君の影ではない
疑いを知らぬ足音が響くのは
僕が死んだあと
今はどの道しるべも消えかかって
僕らは開拓している気になった
始まりの初めに立つひとが
いることなんて露も知らず

僕らは最後尾で待っている
知るのは何時もいちばん最後
知るのは何時でも最初で最後

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。