こころのいちばんやはらかいところ

0

明日。


困惑を面倒くさいと思ったら
早く眠ることにするよ
逃げるようにロフトに上がり
絶望に似た寝息をたてる

「また明日」と手をあげて
二人 ちょっと 揺らぐ
視線の合わない笑顔を交わし
もの言いたげな口を封じた

それでも生きてきたんだよ
虚勢のようなプライドを
君のやり方でやんわり踏み
ミシッと歯切れの悪い音
私のこころで鈍く響いた

「また明日」と手をあげて
二人 ちょっと 揺らぐ
陰気な感情が漏れる戸を閉め
振り向かないで足を速めた

それでも生きていくんだよ
理由が無くても意味は欲しい
私だけのルールに沈黙する
ゴクッと鼓膜を響かせて
君のこころで遠く響いた

いいかげん窮屈に嫌気がさしたら
空っぽにしてがっかりするよ
追いかけてきたメールを閉じて
希望に似た眠りを強いる

生きてることに疲れたら
「また明日」と手を振るよ
「また明日」と迎えにいくよ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。