こころのいちばんやはらかいところ

0

朝凪、夕凪

朝と夕
気がつけば凪だけを見つめていたのだ

ペンキの剥げた木枠の窓をカタカタ揺らし
なかなか癒えぬ傷口に風は沁みた
カーテンは振り向く前に居ずまいを正し


この季節の風には
いつも苦笑いをしていた
そんなことすら忘れていた朝だったのだ

(彼のいうとおり 海が静かなのはよくない)

不意をつかれて
苦笑いをするしか無かった
こころの浅瀬に漣のたゆとう夕方だった


フッ、と思い出に口緩む日を願いて
硝子が泣かぬように窓を閉めた
カーテンは気遣うように沈黙していた

朝と夕
気がつけば凪だけを見つめているのだ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する