こころのいちばんやはらかいところ

4

わたしがいなくなったら


わたしは私が連れて行く
どこかの空の下
平凡と名付ける
日常が埋もれている

そんなこと
不思議にも思わない
そのまんま
当たり前な顔をして

 "生きている"

それを
「つまらない」
というほど

人生
なめちゃいない
自分
諦めちゃいない

老いること 
死ぬこと
その途中

どこかの空の下 

先はわからないけれど
ありがたいことに
わたしには死ぬ日がある

それを
思い出さなくては

そして
教えなくては




該当の記事は見つかりませんでした。

-4 Comments

ichii says..."こんばんは。"
[ありがたいことに
わたしには死ぬ日がある]
確かに。
それが惜しいと思える行き方をしたいなって、
最近思う。
2011.07.20 01:19 | URL | #41q05U9. [edit]
ノラ says..."ichiiへ"
こんばんわ。
死を考えるということは
生きることですね。
そんなことを思うこのごろです。
わたしのぱっとしない人生ですが
愛おしい、と思う瞬間があって。
そんな心境で。
そんな繰り返しを積み重ねて
なんとか頑張っていますよ^^

ありがとうね。
2011.07.21 22:23 | URL | #- [edit]
ゆうき says...""

魅力的な詩、そして、おしゃれなブログですね。
おひさで惹かれました。

ううん、刺激的なのかも。


これからをどうぞよろしくです。
おじゃましにきますね^^。

なつっていいます。またね~。



2011.09.22 03:55 | URL | #By6WHt9o [edit]
ノラ says..."なつさんへ"
はじめまして、夏さん^^
恥ずかしさと嬉しさを
ありがとうございます

一時間に一本しかない
バス停みたいなブログですが
静かな時間は過ごせるとおもいますよ^^
私もまた、ゆっくり伺いますね。
ありがとう。
2011.09.22 15:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。