こころのいちばんやはらかいところ

2

横須賀線


ちょっと長い一駅
まだ見慣れない車窓から
雑木林が駆けていく
夜は 
来るのではなく
ずっと前から居る
そして
もうすぐ ぬっと顔を寄せる
遠くで騒がしい感情の梢たち

今日はどうだった?
わたしダイジョウブ?
そんな日もあるさ
音もなく ザワザワザワザワ


ビルの窓や看板は
やんわりとした黄金に映え
伏せた睫毛を揺らす
夜は 
来るのではなく
ずっと前から居る
そして
もうすぐ ふっとため息つく
規則正しさに添う虚ろな車輪

わたしダイジョウブ?
明日ダイジョウブ?
こんな日もあるさ
影もなく ざわざわざわざわ


もうすぐ 私でなくなる
もうすぐ 誰でもなくなる
わたしダイジョウブ?
きみはダイジョウブ?
そんなこんなで

音もなく 
影もなく
夢でなく、

ざわざわざわざわ 

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

時音 says...""
わたしもつねに、心がざわざわ、ざわざわしています。
とても大丈夫じゃなさそうなのに
なんとか大丈夫なもんなんですよね。いいのか悪いのか。
、、、いいんでしょうね。
2011.09.15 11:14 | URL | #zLTxOIGE [edit]
nora says..."時音さん"
ほんと、ざわざわ、は
あまりよろしくないとおもいつつ、
その下に隠れている自分を考えてしまいます。
理性とか、感情とかのせめぎあいとか。
絶望のフリーズに比べたら
全然、いいんだと思います^^。
こころが動いているんですもの。
私は久しくこういうことから離れていました。

ありがとうございます。
私、自分を書けるでしょうかね(苦笑)
2011.09.15 17:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。