こころのいちばんやはらかいところ

0

いつか私は


いつか私は安穏を得るだろう
自分以外のいのち育むすべてから

いつか私は激怒するのだろう
自分以外の一瞥すらされない不条理に

いつか私は号泣するのだろう
自分以外の後悔という向こう側の道に

いつか私は普通に笑うのだろう
自分以外の全てが許されていることに

いつか私は知ることとなる
それらは持っていかれないこと

     *

わたしは私以外からしか
自分をみることができない

     *

それから独りであり続けた永き時間に
自分の中の静かなる愛を問う

それから生き続けた肉体とこころに
自分の中に見なかった夢を語る

それから大人になれなかった少女に
自分の中の女は今も生きてると教え

そして耳打ちも無く加速した老いに
自分の中で主人公たちは裸同然となる

それと

いつか私は魂が抜けたりする
あまりにも早く、若しくは遅れて来たことを知り

それらは
神の計算づくであったこと、

私は
びっくりして
それから
可笑しくなって笑う

とりあえず笑った後
ゆっくり深呼吸なんかをして
まるで 感慨深げ みたいに
頷いたりするのだ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する