こころのいちばんやはらかいところ

0

何も所有しない


私は何一つ所有していない
この世界を生きている奇跡と
汚そうとしても汚れない忌々しい手と
いまにも崩れそうな白い塔を瞬きし
早死にした2pacを聴いては無性に悲しくなり
他に入るものがないのでエンドレスで廻しつづけ
私はとうとう ひたひたになってしまった
部屋を暗がりにしたまま今日を終わろうとする
そしてそれすら所有していないことも知る
たった今

いまも私は老いていく
近づきゆくことを拒みもせずに
夜の静寂を暴きたてながら
期待と拒絶の旗が音もなく翻る

何も所有しない 夜に

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する