こころのいちばんやはらかいところ

4

そう、雨だった

あれから なんねん経つんだっけ?
指を折って数えてみる
閉じて開いてまた…… 閉じた
                  わ か
まだ数回だったけど他にもお死別れはした
そのつど悲しさは覚えていったけれども
「ずっと」が無いということをキミではじめて

蒸し暑い雨の昼下がりはねずみいろの空
煙りが雨に打たれてそれすらも空事のよう
キミとの思い出はいつも雨降りだったこと

パチンコ屋でフィーバーして遅刻してきた時
今のようにコンビニなんてないからずぶ濡れ
何で雨宿りしないの?そりゃ頭にきてるから

毎年のオアフで買出し当番の抱えた茶袋
突然のスコールで走り出し破れ出す茶袋
おいっ!拾うの手伝ってよ、のときもキミだ

説明しにくい関係だったけど成り立っていた
お前とだったら結婚してもいいよと言っても
友達が長すぎてあたしは越えられなかった

あたしの付き合ってきた男のことも知って
キミの彼女歴も知っててさ、どうなのかな
なんて笑いながら無口になった日も雨降り

キミが雨男、お前が雨女なんて話はあれ以来
昨日さ、彼女から電話があったよ…知ってるか
つまらない愚痴を溢しちゃったよ…知ってるね

別に此の日しか思い出さない訳じゃないよ
もう、あたしはキミの想像を遥か超えて老い
キミより年上だからお前なんて呼ばせない

あれから なんねん経つんだっけ?
指を折って数えてみる
閉じて開いてまた…… 閉じた
今日は そっと思い出すことにするね

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

葉月 says...""
思い出せるものがあるのがいいなぁ・・って思う。

開くものがないから閉じることもない私です。

思い出だけでも生きる糧にはなるのかなぁ・・・。
私はなると思ってるけど、どうなのかなぁ?
2009.07.09 17:40 | URL | #- [edit]
眞冬 says..."Re: 葉月、"
もちろん、こうゆう思い出は少ないに限るよね。
出来るだけね。
でも、少しづつお別れも増えてゆく年齢になりつつ(汗)

きっと今は思い出を作ってる途中なんだよ。
思い出があるって幸せなことだと思います。
だって、「そこには確かに自分が居た」ってことでしょ?
そうゆう時間は宝物です。
でも、普段は思い出ばかりを食べては生きてはいかれないけどね。
ときどきがいいんだね。

ありがとうね。
2009.07.10 00:25 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.07.11 08:48 | | # [edit]
眞冬 says..."Re"
歳をとると都合が良くなるだけですよ。
自分を抱きしめてやってくださいね。
そちらに行く術がないので、ここでごめんなさい。
2009.07.11 09:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する