こころのいちばんやはらかいところ

4

道端にて

なんだか分からないうちに
月日は過ぎて
放っておいたって上から埃が積って

それから忘れっぽくなって
あれ、それの
会話でも十分、通じてしまうみたい

なんだか知らないけれども
目も悪くなって
近くも遠くも見づらいから見てるふり

それから同じ話を繰り返して
それ聞いたよって
そうだっけ?と言いながら続ける

さようなら、のお辞儀だけど
一回でいいから
頭をあげてそのまま別れましょう

これが今世のお別れになって
しまうかもしれない
だから丁寧に「お元気で」がいいかな

へんなの持っていきたくないから
「お元気で」がいいかとおもう

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

葉月 says...""
「お元気で」の言葉の中には
どんな思いが入るんだろうね。


言葉にできないほどいっぱいあるのかも。

「お元気で」の後にはどんな言葉が続くのだろう・・・。

あれこれ考えてみる私です。
2009.07.12 15:52 | URL | #- [edit]
眞冬 says..."葉月"
日本語にはいろいろな別れの挨拶があるよね。
道端で、ご高齢のかたが何度も頭を下げながら
「お元気で」と言いながらさようならをしてるのを
みました。
決して「さようなら」とは言わないのでした。
口ごもらせるんですね。きっと。

眞冬だったら、それに過去・未来を込めるかな。
その方の。

ありがとうね。
2009.07.13 05:47 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.07.13 10:14 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.07.14 09:48 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する